ショッピングカートに商品はありません

実際の10代のViniciusは、余分なダービーでAtleticoプレーヤーに噛まれた

2018/09/03 0
レアル・マドリードのブラジルのティーンエージャー、ヴィニシウス・ジュニアは、アトリエ・マドリードとの対戦で、日曜日のリザーブ・チームのダービーで2得点して対戦相手に噛まれたとき、より暗い味方になった。
 
ブラジルの巨人であるフラメンゴを4200万ユーロで契約した後、18歳のヴィニシウスは、6月にレアルに移籍したが、第1チームには入らず、スペインの地域別第3部門のレアル・マドリード・カスティーリャでプレーしている。
 
レアルのゴールを2-2で終えたダービーは、アトレティコ・マドリードBのキャプテン・タチと激突した。タチはブラジル人の頭の後ろに歯を倒そうとした。
 
タチはレッドカードを免れ、インシデントのためだけに予約を与えられたが、ヴィニシウスも反対意見のためにイエローカードを拾った。
 
バルセロナのルイス・スアレスは、2014年にカタロニア・クラブに入団して以来、それをやり直していないが、アヤックス、リバプール、ウルグアイでプレーしている間に、3回にわたって相手を噛むことで悪名高い。